HOME > 新高梨(にいたかなし)
新高梨

新高梨とは・・・

新高梨1高知県では昭和5年から栽培が始まっており、古くからの産地です。
「新高梨」は全国各地で作られるようになりましたが、高知県産は、梨の栽培に適した気候や、栽培技術の高さを活かし糖度が高く、芳醇な香りを持つ高品質なものが栽培されています。
また若採りをせず、樹上で完熟状態まで待って収穫するのが高知県産「新高梨」の栽培方法の特徴です。


小夏写真


新高梨の特徴

小夏写真梨の王様といわれる「新高梨」ですが、高知の「新高梨」は大きいのが特徴です。それまで500g前後だったものを、生産者の技術で大きいものは2kgまで育てた時期もありました。現在は消費者のニーズに合わせ800g〜1kg前後の物が多くなってますが、それでも子供の頭の大きさほどあります。
また大きさだけでなく、香りやシャリッとした食感、溢れ出てくるジューシーな果汁は甘さもたっぷりで、まさに梨の王様です。
産地では出荷前に糖度を測り収穫時期を決めることや、外から見えない芯の熟れぐあいまで確認しています。


主な産地

小夏の生産地マップ

新高梨のおいしい食べ方

小夏写真梨の果皮は斑点があってザラザラしてますが、なめらかになると食べ頃です。
食べる1時間前に冷蔵庫で冷やして食べると甘さが引き立ちます。
冷やしすぎると甘さと芳香が感じにくくなりますのでご注意下さい。
梨はお尻の側が甘いので逆さにして、数日置くと、甘みが全体へ回ってきます。お試しください。


保存方法

みずみずしさを保つために新聞紙にくるんで、冷蔵庫の野菜室で保存するのがおすすめです。


商品一覧

該当商品はありません